<thead id="f3zhf"></thead><menuitem id="f3zhf"><i id="f3zhf"></i></menuitem>
<listing id="f3zhf"><i id="f3zhf"><span id="f3zhf"></span></i></listing><menuitem id="f3zhf"></menuitem>
<menuitem id="f3zhf"><ruby id="f3zhf"><th id="f3zhf"></th></ruby></menuitem>
<menuitem id="f3zhf"><i id="f3zhf"></i></menuitem>
<thead id="f3zhf"></thead>
<menuitem id="f3zhf"></menuitem><thead id="f3zhf"></thead>
<menuitem id="f3zhf"></menuitem><thead id="f3zhf"></thead>
<menuitem id="f3zhf"></menuitem>
<menuitem id="f3zhf"></menuitem>
<menuitem id="f3zhf"><dl id="f3zhf"></dl></menuitem>
<menuitem id="f3zhf"></menuitem>
<thead id="f3zhf"><i id="f3zhf"><span id="f3zhf"></span></i></thead>
<thead id="f3zhf"></thead>
<menuitem id="f3zhf"><ruby id="f3zhf"><noframes id="f3zhf">
<var id="f3zhf"><dl id="f3zhf"><th id="f3zhf"></th></dl></var>
<thead id="f3zhf"></thead>
<var id="f3zhf"><dl id="f3zhf"><th id="f3zhf"></th></dl></var><var id="f3zhf"><ruby id="f3zhf"></ruby></var>

產(chǎn)品列表PRODUCTS LIST

相關(guān)文章+MORE
  • 副溶血弧菌(腸炎弧菌)用顯色培養基X-VP

    副溶血弧菌(腸炎弧菌)用顯色培養基X-VP 副溶血弧菌即腸炎弧菌,國內稱(chēng)副溶血弧菌,日本稱(chēng)腸炎弧菌 品名: X-VP 瓊脂培養基 「日水」 貨號: 05135 規格: 300g 粉末 保存和使用期限: 室溫/防濕/制造后3年 用途: 腸炎弧菌的選擇分離培養基 培養條件:35~37℃ 18~24小時(shí) 備注:《食品衛生檢查指針2004》版收錄

  • 日水沙門(mén)氏菌用顯色培養基(X-SAL)

    日水沙門(mén)氏菌用顯色培養基(X-SAL) 品名: X-SAL 瓊脂培養基 「日水」 貨號: 05140 規格: 300g 顆粒 保存和使用期限: 室溫/防濕/制造后3年 用途: 沙門(mén)氏菌的選擇分離 因使用顯色酶基質(zhì),不產(chǎn)生硫化氫的沙門(mén)氏菌也能準確選擇分離。 培養條件:35~37℃ 18~24小時(shí)培養 因使用顯色酶基質(zhì),不產(chǎn)生硫化氫的沙門(mén)氏菌也能準確選擇分離。

  • 日水大腸桿菌大腸菌群用顯色培養基(XM-G)

    日水大腸桿菌大腸菌群用顯色培養基(XM-G) 品名: XM-G 瓊脂培養基 「日水」 貨號: 05632 規格: 300g 顆粒 保存和使用期限: 室溫/防濕/制造后3年 用途: 大腸桿菌大腸菌群的選擇分離培養基 大腸桿菌:藍色(藍~藍紫)的菌落, 大腸菌群:赤色(粉紅~紅紫)的菌落 培養條件:35℃ 20小時(shí)培養

  • 日水大腸菌群用顯色培養基(X-GAL Agar)

    日水大腸菌群用顯色培養基(X-GAL Agar) 品名: X-GAL 瓊脂培養基 「日水」 貨號: 05631 規格: 300g 顆粒 保存和使用期限: 室溫/防濕/制造后3年 用途: 大腸菌群的選擇分離培養基 大腸菌群形成藍色菌落 培養條件:35℃ 20小時(shí)培養 備注:《食品衛生檢查指針2004》版收錄

共 4 條記錄,當前 1 / 1 頁(yè)  首頁(yè)  上一頁(yè)  下一頁(yè)  末頁(yè)  跳轉到第頁(yè) 
<thead id="f3zhf"></thead><menuitem id="f3zhf"><i id="f3zhf"></i></menuitem>
<listing id="f3zhf"><i id="f3zhf"><span id="f3zhf"></span></i></listing><menuitem id="f3zhf"></menuitem>
<menuitem id="f3zhf"><ruby id="f3zhf"><th id="f3zhf"></th></ruby></menuitem>
<menuitem id="f3zhf"><i id="f3zhf"></i></menuitem>
<thead id="f3zhf"></thead>
<menuitem id="f3zhf"></menuitem><thead id="f3zhf"></thead>
<menuitem id="f3zhf"></menuitem><thead id="f3zhf"></thead>
<menuitem id="f3zhf"></menuitem>
<menuitem id="f3zhf"></menuitem>
<menuitem id="f3zhf"><dl id="f3zhf"></dl></menuitem>
<menuitem id="f3zhf"></menuitem>
<thead id="f3zhf"><i id="f3zhf"><span id="f3zhf"></span></i></thead>
<thead id="f3zhf"></thead>
<menuitem id="f3zhf"><ruby id="f3zhf"><noframes id="f3zhf">
<var id="f3zhf"><dl id="f3zhf"><th id="f3zhf"></th></dl></var>
<thead id="f3zhf"></thead>
<var id="f3zhf"><dl id="f3zhf"><th id="f3zhf"></th></dl></var><var id="f3zhf"><ruby id="f3zhf"></ruby></var>